野村病院 外来風景

外来のご案内 Ambulatory

乳腺科

マンモグラフィー

マンモグラフィ装置

当院では、専門医師による「乳腺専門外来」を設けています。初期の乳がんも発見できる専用の高画質画像で操作しやすいマンモグラフィー装置(東芝製:MGU-100D)を導入して検査をしています。


症例供覧

sen_2_04.jpg

 

早期発見が大切な病気です。ぜひ一度検査を受けてみられませんか?

sen_2_06.jpg

  • 慢性の乳腺疾患(乳腺症)の方。
  • 検診・ドックで再検査が必要な方。
  • 乳房のしこりが気になる方。 女性ホルモン剤を長期服用の方。
  • 毎日、お肉・乳製品をよく摂られる方。
  • 出産経験の無い人 等

当医院にはマンモグラフィ検診精度管理中央委員会より認定を受けている常勤医師と放射線技師がいます。また広島市乳癌健診指定施設となっております。


マンモグラフィのよくある質問

Q. マンモグラフィーとは?どのように撮影するの?

sen_2_07.jpg
乳房専用のX線装置で乳房全体を2枚の板ではさんで圧迫し、乳房全体を1枚のフィルムに収める検査法です。

Q. 圧迫はなぜするの?

マンモグラフィーでは、1mmより小さい腫瘤や石灰化像を触診では触れることのできないようなしこりを発見することができます。
しっかり圧迫することで乳房を引き延ばすので、放射線の被曝量を少なくする効果や写真のボケも防止でき、よりよい写真を撮影することができます。圧迫は、マンモグラフィーをする上でとても必要なことです。

Q. 放射線の影響は大丈夫?

マンモグラフィーによる被曝は放射線の検査の中でも少ない検査です。東京―ニューヨーク間の飛行機の中で受ける自然放射線量の約半分です。人体に及ぼす危険性はほとんどありません。

Q. 妊娠しても検査できますか?

現在妊娠している方、妊娠している可能性のある方は、撮影前にお申し出てください。放射線感受性の高い胎児への被曝を最小限にする為、検査の変更や延期を検討させていただくことがあります。

Q. マンモグラフィーのみの検査をするだけで大丈夫?

sen_2_08.jpg
マンモグラフィーはとても有効な検査ですが、万能というわけではありません。超音波検査(エコー検査)でないと分からない乳癌もあります。
マンモグラフィーと超音波検査(エコー検査)の両方の検査にはそれぞれ得意な病変と不得意な病変があります。患者様に相応しい検査を当院の専門医師の診察により決めさせて頂きたいと思います。

Q. 生理中でも大丈夫なの?

特に問題はありません。人によっては、生理前はホルモンの関係で乳房が張って痛むことがあります。できれば、生理が始まってから2~3日後から1週間くらいの乳房の張りがなくなり柔らかい状態の時に受けられるのが望ましいです。

Q. 豊胸手術をしていても検査できますか?

一般的に豊胸手術の乳房内留置パックを破損する可能性を否定することができません。また、破損しなくても周辺の乳腺を広げて撮影することができない為、診断に必要な情報を得ることができません。よって、お断りすることがあります。
豊胸手術をされている方は、医師と相談の上、超音波検査と触診をしていただくよう勧めています。

 


利用料金等

項目 料金

乳癌検診マンモグラフィー
※40歳未満(40歳以上で市検診の対象外の方を含む)

エコー + 視触診:5,000円
マンモグラフィー(2方向) + 視触診:6,000円
エコ- + マンモグラフィー(2方向) + 視触診: 8,000円
※症状がある場合は、保険診療になります。
広島市・原爆検診(触診・マンモグラフィー) 無料
市検診 1,600円
40歳以上の女性で乳癌検診通知書を持参の方

※市検診については、70歳以上の方・生活保護・市民税非課税者・後期高齢者被保険者証をお持ちの方は免除になります。

 

医師 放射線技師 施設
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー認定読影医
マンモグラフィー技術認定技師 広島市乳癌検診指定施設
上へ戻る